忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

どうもこんばんは、NINOです。

先日は胃腸炎でダウンしていたため更新できず申し訳ふがいないですね。

同様に口内炎に悩んでいたのでイソジンうがい薬を購入!

普通に膝とかすりむいた時にはイソジンの消毒って沁みるじゃないですか!?なので口内炎も沁みるんだろうなあ・・・と思って遠慮していたのですが、今回の口内炎は舌に出来た上に放置してたら範囲拡大してきたので購入に思い至りました。

で、早速帰宅してから服用。

し、沁みない・・・!!

すごく地味な感動をしてしまいました。ちなみにうがい薬は700円くらいで売っています、ラーメン一杯ぶんくらいですね。

食事中ってのは凄く大切な時間だと思うんです。

美味しいものも美味しく食べれないくらいならこれくらいの出費ならば全然OKですね。うがいは体に良いですし。

さて、本日の映画は「Mr.ビーン カンヌで大迷惑?!」です。

いきなり逸れますが、?!←この記号ですが、!?とどう違うんですかね。驚きの方を強調する感じなんでしょうか。

はい、どうでもよかったですね。さて、今回はNINOが小学生くらいの頃に大好きだった「Mr.ビーンシリーズ」の
劇場版第二作目がこの作品になります。

ローワン・アトキンソン演じるMr.ビーンは相変わらず、自由すぎるおっさん役で、どうみてもとんでもない奴なのにどこか憎めない雰囲気があるんですよね。前回の劇場版から10年経っているはずなんですが外見がほぼ変わっていないのは凄いです。
ビーンの持ち物は色々と突っ込みどころ満載でクスリときます。

劇場版という事で締め方に迷ったのか、個人的にこの終わり方は・・・微妙・・・です・・・。

ハイスクール・ミュージカルみたいに大団円に綺麗に落ち着く形は凄く好きなんですが、うん。これは無理やりすぎるぜ、と思いました。ただ、コメディ作品ですので、笑いメインで見ればかなり楽しめるはず!

でも展開はMr.ビーンならではといった感じで、一番最後の無理やりささえ凌げば面白い作品だと思います。また、道具を使った伏線がうまく生きていますね。ビーンのめんどくささも象徴してて良かったです。

イギリスでは公開時、ビーンの行動の逸脱具合に保護者同伴の視聴が望ましい作品とされたらしいですよ。
それくらい今回は大規模で自由です。

あらすじです。
____________________________________
教会で開催しているくじ引き。ビーンは見事特賞のフランスのカンヌでの1週間ヴァケーションとビデオカメラを当ててしまう。

早速カメラ片手にイギリスからフランスのリヨン駅に向かうビーン。
しかしリヨン駅でカンヌ駅に乗り次ぐ途中でいつものようにトラブルを引き起こしてしまうビーン。

しかしその一つ一つが確かな彼の旅路だった。

果たして彼は無事にカンヌに到着する事が出来るのか!?
____________________________________

うん。今回は無理やりでしたね。ネタばれ防止意識しすぎました。

ビーンの失敗は思わずあちゃー、と言ってしまうようなものから、信じられないような行動もあるから相変わらず何考えてるかはわかりませんが、彼は頭の中にあるただ一つの行動をなによりも優先して進んでいるんでしょうね。

お馴染みのMr.ビーンのフランスでの大騒動のお話!興味がある方は是非是非。

それでは今夜はこの辺で。

皆様良い夜を。

拍手[0回]

PR

なんと・・・

ウイルス性胃腸炎になってしまいました・・・

でもノロじゃなかったのでご安心を。

残念ながらちょっと映画を見る気力もわかないので本日は感想なしです・・・


皆様方も体調にはお気を付け下さいね。

拍手[0回]

戦闘要塞マスラヲ 感想

どうもこんばんは。NINOです。

実は最近家のボイラーが故障しまして、ちょっと豪華に温泉へGOです。

市内にある温泉は500円くらいで入れる上にちょっと足を伸ばせば行けるので良いですよね。

個人的に温泉は凄く好きなのでのんびりと浸かってきました♪

しかし帰ってきたらボイラーがなおっているという・・・

なんでかわかりませんが、損した気分になりますよね。

とにかく、風呂は命の洗濯と某有名なセリフもありますし、楽しんだもん勝ちの考え方をつけたいところです。

さて、本日の感想文は「戦闘要塞マスラヲ」。角川スニーカー文庫の作品ですね。

林ヒロアキさんが作者のこの作品、実は「お・り・が・み」という作品の続編なのですが、こっちを推したのは個人的なお勧めですね。

パロディネタが満載で、流行りの時期に読むと凄い面白い作品なのですが、残念ながら旬を過ぎているので当時ほどの楽しみはできないかもしれません。

しかし、それでもやっぱり世代の人にはお勧めですね。と、言っても数年前の流行りですのでまだまだ面白く感じると思います。

内容としては現代ファンタジーのファンタジー色濃い目で8割はファンタジー気味です。

ストーリーも主人公、ヒデオが、凡人ながら“なにかしてくれそう”と思わせてくれる珍しい主人公です。だけどダメダメでもあるんです。きっとこの主人公を嫌いになる人は少ないはず!

作品自体は5巻で完結していますが、現在後日談としてのお話が「レイセン」という作品が現在刊行中です。

それではあらすじです。
____________________________________
川村ヒデオ、人間。
生来生まれ持った殺人鬼もかくやといった目つきの悪さのため、上京して就職活動をするものの34社が書類採用の段階で不採用になる始末。

結果、出不精症候群の人間恐怖症になってしまい、お金も使い果たして死を選ぼうと思っていたところ、超愉快型極悪感染ウィルス、Will.CO21に感染したノートパソコンを拾ったがため、聖魔杯を巡る、神魔が蔓延る聖魔杯争奪トーナメント大会に出場することになる。

しかしその目つきのせいで実力者と勘違いされつつも、ヒデオの聖魔杯トーナメントでの行動とは・・・?
____________________________________

今の時代では就職活動は受ける会社が50社が前提と良く聞きますが、この時は34社でも全然多い時期ですので、しかも書類落ちってとんでもなく目つきが悪いんでしょうね。

しかし、引きこもりならではの冷静さや突っ込みは共感どころ満載だったり、予想外の突っ込みだったり、前述もしましたが凡人のはずの彼に期待してします作品です。

ラノベ好きな方は是非どうでしょうか?

それでは今夜はこの辺で。

皆様良い夜を。

拍手[0回]

とある飛空士の追憶 感想

こんばんは、NINOです。

本日は久々に弟が鶴岡より帰省しました。

今夜は一緒にモンスターハンターしようと思います!
最近どうも“行かないといけない”とき以外の睡眠時間が制御できなくなっています。

なんとかしないといけないですねー。

さて本日は「とある飛空士の追憶」というライトノベルの感想です。

ガガガ文庫から出版されているこの作品。
作者は犬村小六という方。

口コミで有名になったと有名な作品ですが、それだけの内容があると思えました。
ゲッサン」で漫画化もしていますね。今年の4月にはアニメ映画化することが公表されています。

主人公の生まれの境遇から説明される世界観が過酷な状況をわかりやすく説明してくれますね。
わかっていましたが、生まれが重視される時代とはこんなものなのでしょうね。娯楽小説といえども、妙にリアルですが、こういうリアルさを描けないと面白い作品は書けないんでしょうね・・・。

飛空士というのは戦闘機パイロットのことですが、出てくるのは架空の戦闘機なので、戦闘機に詳しくなくても存分に楽しめる内容であります。

ローマの休日」や「天空の城ラピュタ」をイメージして書かれたという作品でもあり、確かに雰囲気が似ているようにも感じました。

あらすじです。
____________________________________
西大陸を支配する神聖レヴァーム皇国と東大陸を支配する帝政天ツ上は1万2千キロメートルの距離がある中央海を挟み、戦争状態を続けていた。

天ツ上領内にあるレヴァームの自治区にあるデル・モラル家が天ツ上軍に襲撃され、当主は殺害される。難を逃れていたファナ・デル・モラルはレヴァーム皇子の婚約者でもあった。

皇子は彼女を救うために

レヴァームに住むデル・モラル航空騎士団のエース狩野シャルルは、ある日上級士官に呼ばれ極秘任務を告げられる。

「時期皇妃を乗せて、中央海1万2000キロメートルを翔破せよ」

それがシャルルに出された極秘任務の内容だったが・・・
____________________________________

1万2000キロメートルって日本の東京からアフリカのモロッコまで届く距離でもあります。
作中の2国は凄まじい距離の戦争をしていますね・・・
中央海と両国の情報的にはものすごい距離が開いていますよね。

しかし、それほどの距離を相手国に気取られないように飛行する・・・

お話づくりとしていい感じの問題提起ですね。私ごときが何を言ってるんだって感じですが。

傭兵パイロットと時期皇妃の爽やかながら切ない空の話。興味が沸いた方は是非是非。

それでは今夜はこのへんで。

皆様良い夜を!

拍手[0回]

TAXi3 感想

どうもこんばんは、NINOです。

車を運転している時の眠気が眠ろうと思った時に来ればどんなにうれしい事か。そんなことを思います。

あ、そういえば最近気づいたんですが運転中に眠くなった時にバックミラーで自分の顔を見てみると凄まじい間抜け面してますよ!それでも起きれないのだから睡魔って奴は史上最強ですね。

不眠症ってどんな気持ちなのかしら。

はい、それでは今日の映画です。「TAXi3」です。
TAXiシリーズの三作目ですが、相変わらずこのシリーズは面白いです。
先日「TAXY NY」を見ましたがやはりTAXiシリーズはダニエルとエミリアンだな、と思わせてくれる安定感です。
90分という時間も見やすくて良いですよね。

3になってダメ刑事だったエミリアンが有能になってきた代わりに落ち担当は署長になりつつありますね。でもエミリアンはちゃんとゴミ箱と仲良しなのでご安心を。

シリーズ通してですが、カーアクションよりも、自転車、バイクやローラースケートのアクションとダニエルの愛車の変型がやたら印象的で記憶に残ります。

今回のプジョーはなんと雪上走行が可能になっていて、ニトロ搭載です。

「こんなこともあろうかと」って台詞は人生で1度使ってみたい台詞ではありますが、フランスでタクシー業を営んでいるはずのダニエルは一体何を見据えているんでしょうね。2では翼が出ていましたが、あれはショートカット用と考えればまだわかるんですが、雪山を走れるキャタピラに変型するタイヤってなんなんでしょう。かっこよすぎます。

相変わらず人の話を聞かないエミリアンとなんだかんだ言いながらエミリアンを全フォローするダニエル。会話内で親友同士という言葉が出てきましたが、最初の出会いの最悪さを知っているだけにちょっとにやっとしちゃいますね。

ダニエルの恋人、リリーの父親である将軍も忘れてはいけません。どうやら2以降もダニエルとは良好な関係なよう。ヘリに乗ると大変なことになるのがたまりませんね。

また、なぜかシルヴェスター・スタローンがカメオ出演してます。

TAXiシリーズはエミリアンとゴミ箱や署長の駄目演説などお約束事の期待を裏切らないのもいいところですよね。

はい、それではあらすじです。
____________________________________
フランスにサンタの姿をした強盗が出現し、逮捕できないまま8か月。12月になった。
刑事であるエミリアンはわざわざサンタの格好をして強盗をするのだから12月には何かあるに違いないと神経質になっていて、ヘマを犯してしまう。が、そこで恋人であるペトラに告げられた事実に困惑をしながらも喜びを隠せない出来事が起きる。

また、凄腕タクシードライバーであるダニエルは愛車にかまけすぎて恋人のリリーが出て行ってしまう。リリーが出て行ったあとにあるものを見つけてダニエルはとんでもない事実を知る。

父親になるかもしれない。

久々に話す機会を得た二人はお互いに良い父親になろうと約束したとき、たまたまサンタの格好をした挙動不審な人影を見つけてしまう。当然長年追い続けていた相手なのでエミリアンはダニエルに尾行を頼み、強盗団のアジトを見つけるが・・・
____________________________________

今回は中国人がメイン登場人物として登場します。2のときの忍者やヤクザネタと言い、フランス人はアジア文化が好きなのでしょうかね。

フランス最速の新幹線TGV(時速300km)を軽々と抜いてからのダニエルのしゃあしゃあとした台詞が最高ですね。

シリーズを続けるにつれて高速になっていくプジョー406、今回の進化を見たい方は是非是非!

それでは今夜はこの辺で。

皆様良い夜を。


拍手[1回]

カレンダー

04 2018/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

 

最新コメント

 

プロフィール

HN:
NINO
性別:
非公開

 

バーコード

 

ブログ内検索

 

P R