忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

プラダを着た悪魔 感想



はい。こんばんは。NINOです。

バイト上がりにゆっくり映画を見てるのって幸せですね。明日学校ある事に目をつぶればですが。


今日は「プラダを着た悪魔」の感想になります。

監督はデビット・フランケルという方、代表作は「セックス・アンド・ザ・シティ」など。
女性視点の映画の撮り方がうまいと思います。例によって、この監督の作品は初見なので全然わかりませんが、そう感じました。

女優も「プリティ・プリンセスシリーズ」や身近なところではヘアケア用品の「LUX」のCMなどで有名なアン・ハサウェイや「ソフィーの選択」でアカデミー女優賞をとった事があるメリル・ストリープなど有名どころです。
個人的に助演男優であるスタンリー・トゥッチの演技が好みでした。


最初この映画のタイトルを聞いた時は、な、なんじゃい、ホラーもんかい!怖くて一人じゃ見れないわい!とか思っていましたが、全然違いました。

まず「プラダ」の意味を知らないとわかりませんよ、実際・・・。

「プラダ」は高級ファッションブランドの名前でした。高級ファッション着た悪魔。直訳が過ぎますが、凄いタイトルですね。

このタイトルの意味はこの映画を見ていればいずれわかりますが、とある登場人物を指します。

内容はファッション雑誌の業界に努めた女性(主人公)のシンデレラストーリーになっています。

あらすじはこちら・・・

と、いつものようにコピペで済まそうと思いましたが、それじゃ意味が無いと思うので今回からNINOが見た感じであらすじを書くことにします。

あらすじ
____________________________________

名門大学を卒業した、ファッションになんの興味もない主人公、アンドレアは一流のジャーナリストになるというキャリアプランのため、有名ファッション雑誌である「ランウェイ」という雑誌会社に勤めることにする。

幸運にも面接に受かったアンドレアは、高級ファッションに身を包んだ、伝説的人物である上司のアシスタントとして働くことになるが、仕事内容は上司の私事も含め無茶苦茶なものばかり。

しかし、仕事の中での出会いや、友人関係の変化も勿論あるわけで…
____________________________________

いや、我ながらひどいですね。コミカルな作品みたいになってしまいました。ファンの方々申し訳ありません。精進させていただきます。

キャッチコピーは「こんな最悪の上司のもとで、死にたくない!」「恋に仕事に頑張るあなたの物語」「こんな最高の職場なら、死んでもいい!」などがあるようです(ウィキペディア調べ)

キャッチコピー多すぎてよくわかりませんね(汗)

ですが、地味だったり華やかだったりと色々な世界がちらりと見えます。職場をテーマにしている作品だけに、脇役もちゃんと人生を歩んでいます。当然なんですが、そういう風に顕著に感じる作品でした。

私の駄文あらすじでなんとなくわかると思いますが、タイトル通り、「プラダを着た悪魔」が裏主人公になっています。彼女が本当の意味で笑ったのは一回だけ。この演出がちょっとぶわっときました。また、これも演出なのか主人公と「悪魔」が会話するのは、進退が決まったりするときだけで、悪魔といえば契約。そういう意図もあるのかなあ・・・と勘繰りました。

後味は凄いさわやかです。ちょっとだらけていたり、なんか新鮮な気分になりたいなー、という方にいかがでしょうか。

それでは今晩はこのへんで。

皆様良い夜を。

拍手[0回]

PR
Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictgram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

 
トラックバックURL
 

カレンダー

04 2018/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

 

最新コメント

 

プロフィール

HN:
NINO
性別:
非公開

 

バーコード

 

ブログ内検索

 

P R