忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

G.I.ジョー 感想

こんばんは。NINOです。

最近「アイシールド21」というかつて週刊少年ジャンプで連載されていたアメフトの漫画があるんですが、それを本日読みなおし終えました。

いやー、さっぱりする作品だなあこれ!見たことない方にはお勧めです!

この作品、非常に続きが気になる作品でして、BOOK-OFFやらGEOやらをうろうろしながら全巻読みました。フリーって素晴らしい。あ、流石に本日だけではなく、何日かに分けて行動しましたよ?貧乏くさいとか言わない。学生はお金が無いのだ。

しかしアイシールド21の作者さんは動きの表現や、派手な演出がものすごいうまいと思います。映画監督向きな気がします。原作付き漫画で、稲垣理一郎さんが原作、村田雄介さんが作画なのでどちらがうまいのかはわかりませんが、とりあえず村田さんの漫画は読み切りなどでアイシールド21から確実に動き、スピード感を如何に漫画で見せるかといった演出をものにしていると思います。新作なんかでないかなあ・・・



さて、本日の視聴は「G.I.ジョー」です。
2009年の映画で、監督は「ハムナプトラ」で高名なスティーブン・ソマーズ。

G.I.ジョーといえばアメリカで昔から人気の兵士の姿をした玩具ですね。この映画上映後は、映画登場人物をモデルに玩具が制作されたとか。

ジャンルを上げるとすれば、ヒーローものとSF、戦争ものを組み合わせたような感じなんですが、やはり強いて言うとヒーローものになりそうです。

根拠は正義の組織と悪者が明確であること。正義、悪側にそれぞれ固有名詞があるとそういう見方になってしまいますね。

全体的にCG多めで、スネークとストームの一騎打ち中のような違和感が凄い場面も一部ありましたが、全体的に動く動く!やっぱり新しい映画のCG技術は凄いです。

色んなメカや戦闘アクションなど、NINO的には凄く好みでしたが、メイン登場人物が全体的に影が薄いです。多分、スネークアイズとイ・ビョンホンが濃過ぎたんだ!アメリカ人忍者好きすぎ。

あらすじです。
____________________________________
――ナノマイト。元は医療用に開発されたナノマシンを改良して、金属という金属を食いつくす兵器が開発された。
ナノマイト弾頭の護送をすることになった兵士、デュークは相棒のリップコードと共に道中を行くが、夜間に謎のハイテク兵器を使う集団に襲われ、隊はデュークとリップコードを残し全滅する、謎の集団から弾頭が入ったケースを奪い返そうとするデュークだが、襲撃者は知った顔だった。
デュークが襲撃者とケースを奪い合っていると、更に第三者が介入してくる。彼らはアメリカ合衆国の秘する、世界各国から集められたエキスパート集団、「G.I.ジョー」だった・・・
____________________________________

アメリカ人の嗜好として、ゲームの場合、主人公はタフガイで、洗練された戦士が望ましい、みたいな講義をかつて大学で受けてんですが、確かに洋画のアクション物はそういう傾向がありますね。

しかし、「ランボー」「ターミネーター」などのように主演の存在感があるといいんですが、たいていはそのテンプレートに潰されてしまって、いる気もします。そのためかわからないけど主人公の存在感が薄いんですよね・・・

あと、敵の組織はもっと圧倒的じゃないと!とも思っちゃいます、しかしモデルがG.I.ジョーだから仕方ないんですかね・・・。味方が多いと、趣味とか超能力とか絡まないと覚えずらいのです。
というか世界がかかっているのに緊張感を感じない作品だなあ・・・

しかし、前述もしましたが、メカアクションや、パワードギアが好きな人はその動きだけで楽しめると思います。

最先端のエキスパート兵士たちの戦いを見たい方は是非是非。

それでは今夜はこの辺で失礼します。

皆様良い夜を。

拍手[0回]

PR
Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictgram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

 
トラックバックURL
 

カレンダー

03 2018/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

 

最新コメント

 

プロフィール

HN:
NINO
性別:
非公開

 

バーコード

 

ブログ内検索

 

P R