忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

七人の侍Ⅰ 感想

どうもこんばんは。NINOです。

そろそろ冬が本気出してきまして朝起きるのがしんどすぎますね。

本日、弟にメールを出しましたら予想外にメールが続いてびっくりしましたね。主にポケモンの話でした。

それでは今回の映画は「七人の侍Ⅰ」です。

世界の黒沢の七人の侍、いつか見て見たいと思っていましたが、ビデオ屋に無くてショボーン(´・ω・`)としていたのですが、まさか学校の図書室にあるとは・・・
芸工大の図書室ではビデオやDVDが見れます。私立のちからってすげー!

世界的に有名なこの作品、前半後半分けのビデオで図書室にはありまして、その前半を見てきました。
ビデオに204分と記載されていたので、「え、なにこれ前半でそんなに長いの?」とか思っていたら1時間40分くらいで中央におおきく「 休 憩 」という文字が出てきてぼーっとしてたら砂嵐になってました。
どうも前後半合わせての204分みたいですね。

1954年に制作された作品で、当然白黒です。
白黒映画も全然おもしろいですね!

時代背景や登場人物の恰好が偉くリアルで、とくに殺陣(たて)がすっごいです。
この作品は後の主人公サイドが「7人」の作品の原点の数字となっているようですね。

あらすじです。
____________________________________
戦国時代、野伏に襲われる立場である百姓が、村を守るために侍を雇うことにする。
しかし、侍を雇うとしても百姓には米を腹いっぱいに食わせることしかできなかった。

百姓たちが町に出ても、こんな条件下では侍を雇う事が出来るはずもなく、百姓たちは途方に暮れていたが、ある時、強盗に入られた家を救う一人の武士と出会い、なんとか説得する事に成功する。

その武士、島田勘兵衛はこう言う。

「7人、村を守り切るには7人の侍が必要じゃ」
こうして、百姓たちと島田勘兵衛の6人の仲間探しが始まる。
____________________________________

侍たちは大体皆中年~壮年の年代なあたりがリアリティを感じさせます。

有名な、腕前を計るために陰から打ちかかるシーンが予想外にあっさり終わった事は少々びっくりしております。

早くⅡも見たいですね。

古き良き、凄まじい時代のお話を見たい方は是非是非。

それでは今夜はこの辺で。

皆様良い夜を。

拍手[0回]

PR
Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictgram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

 
トラックバックURL
 

カレンダー

04 2018/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

 

最新コメント

 

プロフィール

HN:
NINO
性別:
非公開

 

バーコード

 

ブログ内検索

 

P R