忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ダイ・ハード 感想

どうもこんにちは。NINOです。

天気予報で荒れ気味という予報だったのですが、予想外に天気が良いので高をくくっていたところ、夕食の材料を買いに行ったらびしょびしょになりました。風も凄くて傘とか意味なかったです(´・ω・`)

しかし久々にクロワッサン食べると美味しいですね。ほっこりします。

しかしほっこりしながら見ていた映画は「ダイ・ハード」で、実際全然ほっこりできてませんでした。

シリーズものの第一作、おそらく名前を聞いた事がない、という人も少ないであろう名作中の名作ですね。

制作は1988年。私の生まれた年と同じです。

俺、ダイ・ハードと同じ歳なんだ・・・

主演はブルース・ウィリス。ウィルスじゃないんですね。
彼はこの作品で名声を得た人物ですね。名声を得るきっかけが大ヒット作というのは役者として凄くよろこばしいことなんでしょうね。続編でも主演を続けていますが、ちょっと前髪の後退が気になるのは秘密ですよ!

監督はジョン・マクティアナン。作品では「プレデター」「ダイ・ハード3」など。アクション映画に定評がある方のようです。
____________________________________
クリスマス。NYの警察官ジョン・マクレーンは妻であるホリーに招待され、ホリーの勤める日系の会社、ナカトミ・ビルに到着する。
華々しいパーティ会場のとある一室で久々に会うホリーと口論をし、一人部屋で気を落とすジョンだったが、同時刻、10数人の武装した男達がナカトミ・ビルに侵入をする。

統制された動きで社員をあっという間に人質にとり、外部との連絡も遮断する集団の男達。
一人難を逃れたジョンは持っていた拳銃と持ち前の頭脳と肉体で外部に助けを求めようとするが・・・
____________________________________

お、ちょっと今日のあらすじはうまく書けた気がします。

CG技術も発達していなかったので全て実写なのでしょうかね。
迫力は満点です。

アクション系などで面白い作品は相手側が大物及び実力者であること、または理解できないくらいの悪党であることだと感じますね。

一人の警官VSテロリストの緊迫感溢れるアクション映画を見たい方は是非是非。

それでは今夜はこの辺で失礼します。

それでは皆様良い夜を。

拍手[1回]

PR
Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictgram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

 
トラックバックURL
 

カレンダー

04 2018/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

 

最新コメント

 

プロフィール

HN:
NINO
性別:
非公開

 

バーコード

 

ブログ内検索

 

P R