忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

クビキリサイクル 感想

どうもこんばんは。NINOです。

本日は講義が3コマにしかなかったので車検に愛車のFitを持って行きました。
しかし車検には少し時間がかかるとのことで代車を借りました!

借りた台車の種類はゼストスパークの白。軽自動車ですね。

←こんなんです。

鍵を指す必要が無いだ・・・と・・・

ハンドブレーキが踏み込み式だ・・・と・・・

と大変驚きました。未開人でした。

案外身近なところで技術の進歩を見ると愕然としますね。

代車とはいえ、色々な車を運転してみるのも楽しいものです。
ただ、やっぱり愛車が一番運転しやすいんですけどね。

さて、本日の紹介はライトノベル、「クビキリサイクル」です。

この作品は以前紹介した

猫物語(白)

の作者さんである西尾維新さんの講談社のデビュー作ですね。

私は中学校の頃にこの作品を友人に勧められて読んだら、もろに西尾世界に囚われてしまいました。
思春期には相性が良すぎる作品ですね。いろんな意味で。

この作品は通称<戯言シリーズ>と呼ばれるシリーズの第一作目なのですが、シリーズの中では一番ミステリしてる作品です。戯言シリーズで個人的にお勧めはこの「クビキリサイクル」と「サイコロジカル(上下作)」になります。

主人公でありながら語り部である「ぼく」こといーちゃんの言い回しや行動。
また、個性豊かな登場キャラクター達。
このシリーズはキャラクターが立ちすぎるために、巻が進むごとにミステリ要素が無くなっていく物凄い作品でもあります。人呼んで人外バトルもの。実際その通りなのですがライトノベルが普通に読めちゃう人には何の問題もないです。

2006年の宝島社の「このライトノベルがすごい!2006」の映えある第一位でもあります。
いーちゃんに少しでも共感する事のない10代なんていないと個人的には思います。

さてあらすじです。
____________________________________
ぼく」は19歳。大学生。友人であり技術職の天才である玖渚友の付き添いとして天才の集まる島、「鴉の濡れ羽島」にやってきた。
天才の集まる島の名の通り、島には画家、数学者、料理人に占い師などと多くの天才たち、三つ子のメイドにメイド長とその主。
安穏と島で天才たちと出会いつつ会話をしながら過ごしていた「ぼく」だが、ある日殺人事件が発生してしまう。
事態を収拾するために行動する「ぼく」だったが・・・
____________________________________

あぁ、この本を読んでた頃は15歳だったなあと、読みなおしながら思います。7年もたつのかぁ・・・
このシリーズ作品はそれこそ私にとってバイブルで、何回読みなおした事やら。

また、キャラクター小説でもあるため外伝として<零崎一賊シリーズ>とそのうち刊行すると噂の<赤き制裁シリーズ>があります。やはり全体的にどうしようもなくキャラクターが濃いですし、キャラクターの再登場などが多いために愛を感じますね。

NINOはいーちゃん哀川さんが好きです。(どうでもいい)

天才たちが集う島にての殺人事件。凡人たる「ぼく」が辿りつく答えとは・・・
興味が沸いた人には是非是非読んでいただきたい作品です。

それでは今夜はこの辺で。

皆様良い夜を。

拍手[0回]

PR
Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictgram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

 
トラックバックURL
 

カレンダー

03 2018/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

 

最新コメント

 

プロフィール

HN:
NINO
性別:
非公開

 

バーコード

 

ブログ内検索

 

P R