忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

TAXI NY 感想

さぁ、12月が始まりましたね。

本日はインターンシップ先の方々に簡単なプレゼンを行ったんですが、緊張しすぎて駄目な奴と化していました・・・
プレゼンは回数をこなせば慣れると良く聞きますが、こういう経験が後に生きればいいんですが・・・

さて、本日の映画は「TAXI NY」です。
この作品は以前感想を書いたフランスの映画作品・「TAXi」シリーズの1作目のハリウッドリメイクバージョンのお話です。

原作に比べると確かにお金がかかっているのがわかるくらいに演出が派手な感じですね。
フランスの市外を駆けるよりアメリカの市街を駆ける方がものすごく難易度が高そうです。

また、特徴としては主人公とフィアンセ役、敵役の性別が逆転しています。
また愛車もプジョーではなく、フォード・マスタングに。敵役の車はBMWになっています。

勿論、TAXiシリーズと同じように変型はします。
本家主人公のダニエルの軽快なトークが無い分、相棒役がその分を補ったような台詞構成もありますね。
なので相棒役のウォッシュバーンは原作TAXiのダニエルの軽口、相棒役エミリアンの駄目具合がマッチしているキャラになっているように見えますね。

あらすじです。
____________________________________
最速の配達屋であるベルは5年間念願だったタクシードライバー免許を取得し、配達業をやめる。
改造したフォードで時に交通法を無いもののようにしながらも、タクシー業を続けていたがヘマをやらかして免許をはく奪された警察、ウォッシュバーンがベルのタクシーに乗り合わせたことで、銀行強盗を追うはめになる。
しかし、ウォッシュバーンが現場でヘマをしたせいでタクシーは破損するし、タクシーは2週間の間徴収されるしと散々な目に。
しかしウォッシュバーンにタクシーを返す代わりにベルに銀行強盗を追う協力を求められ、すぐにでもタクシーを返却してほしいベルはしぶしぶ協力をする事にするが・・・
____________________________________

落ちが原作を辿っているために、驚きが少なかったのですが、初見ならばフランス版でもアメリカ版でも楽しめるのではないかと思います。

主人公の性別が違うのでそこで判断するのもいいと思います。ちなみに男性の場合はフランス版を推します。

凄まじいスピードでNY市街を駆け廻る壮絶カーアクションを見たい方は是非是非。

それでは今夜はこの辺で。

皆様良い夜を。

拍手[0回]

PR
Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictgram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

 
トラックバックURL
 

カレンダー

06 2018/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

 

最新コメント

 

プロフィール

HN:
NINO
性別:
非公開

 

バーコード

 

ブログ内検索

 

P R