忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ホームアローン2 感想

どうもこんばんは!NINOです!

本日もいつも通りとてつもない皆の敵、月曜日も無事終了してなによりです。

さぁあとは4日間!今週も頑張って行きましょう!

さて、いよいよもう少しでクリスマスということで、ゲーセンとかではクリスマス景品がとりやすくなってきていますよ!欲しい方はチャレンジしてみてはどうでしょう!きっとお店側も処分したいはず!←

と、ちょっと内部情報を漏らした所で、クリスマス映画をば。

本日の映画は「ホームアローン2」。これはクリスマス映画としては鉄板ですよね!

子供の頃は鼻水を吹き出すレベルで爆笑していましたが、今見ると敵役の強盗たちがとてつもなくかわいそうです。でも最後まで悪党たるのは勧善懲悪作品では外せない要素ですよね!

悪党が味方になるのは利害が一致した時だけで良いんだよ、と個人的な意見をちょっとだけw

有名作品ですので、1から4まで作品がでている「ホームアローン」シリーズですが、NINOは3までしか見たことないのですが、現状における感想では間違いなくが一番面白いです!

主人公であるケビンが賢しすぎますよね。一人で高級ホテルに泊まるとか多分NINOは18歳でも怪しいです。というかもったいなくて出来ないですw

ルームサービスすら退けてしまう機転の良さは異常としかいいようがないですね。というか舞台となる親戚の家は廃墟になっているはずなのにモノの在処や操作方法を熟知しすぎてるだろ!と幼心にも思っていましたが最近これは突っ込んじゃいけない場所なんだ!と言う事に気付きました。これも成長か。

そしてこの兄弟のチップの概念がおもしろいです。とんでもねえ兄弟だ。

また、強盗である悪役のハリーとマーヴは完璧にケビンのおもちゃになっていますが、それでも“強盗の恐ろしさ”は伝わってくる名演技。基本的にやられてるだけなんですけどねw

さてあらすじ。
____________________________________
クリスマスの家族旅行。マカリスター一家はマイアミで過ごすことになっていたが、飛行機に乗るはずの日に全員が寝坊。大急ぎで空港へ急ぐ一家だが、末っ子のケビンはマイクに気を取られていて乗る飛行機を間違え、単身ニューヨークへ行ってしまう。

家族と離れ離れになり、寂しがるケビンだが、気を取り直した所で父親のカードを使い高級ホテルで豪遊。
しかしニューヨークで有名な玩具屋の経営者や、鳩と仲の良いホームレスの老女との出会いなどがあるうちに、去年のクリスマスにこらしめたはずの(ホームアローン にて)コンビ強盗ハリーとマーヴが玩具屋を襲おうとしている事を知ってしまう。さらに父親のカードを使っている事がホテルにばれ、部屋を追いだされてしまう。

ケビンは強盗を退治するために、今は使われていない廃墟となった親戚の家に強盗たちをおびき寄せるが・・・
____________________________________

クリスマス。メリークルシミマス!

今年は日ごろの感謝をこめて両親に何かを贈ろうかな、と考えています。

皆様も良いクリスマスになるといいですね!クリスマスまであと10日!

それでは今夜はこの辺で。皆様良い夜を。

拍手[0回]

PR

TAXi4 感想

どうもこんばんはNINOです。

実は本日と明日にかけて大学でゼミの中間プレゼンテーションがありまして、僕は明日の発表で、終わった人が少々羨ましくなっております。

辛いことは先に済ませたいですよね・・・

そういえば辛いといえば最近の寝起きですね。一発ですっきりと目が覚める方法って無いのでしょうか。ドラえもんかなんかで見た、10分で10時間分の睡眠時間が取れる道具が心底欲しいです。

とりあえず、いったん目が覚めたらちゃんと起きないといけないんですね。くそう!人体のメカニズムめ!寝てる間は幸せだから起きた時のやっちまった感が苦手なんですよ!

いや、得意な人いても困りますけど。

さて本日の映画ですが、「TAXi4」です。

恒例の「TAXiシリーズ」の現在段階で最新の2007年公開の作品。原作ではタイトルは「T4Xi」となっています。確かにAと4は似ていますが無理があると思ったの私だけでしょうか。一瞬別シリーズかと思ったよ!

なんの理由か知りませんが、やたらとサッカーが強調されている作品でもありました。
今回の敵役は「ベルギーの怪物」。それに倣ったのかサッカー選手で「フランスの怪物」とも呼ばれる、ジブリル・シセがカメオ出演。丁度作品公開時期に彼はオリンピック・マルセイユにレンタル移籍しているんですね。案外彼のための作品と行っても過言ではないのかもしれません。

さて、内容ですが相変わらずの会話コメディたっぷりでニヤニヤなのですが、ちょっとカーアクションをメインでは出せない感じになっています。ただ、ダニエルの愛車はプジョー・406から407へとグレードアップ。変型もスムーズに行って、タイヤをY軸反転できるようになっていますね。2・3のパワーアップ要素と比べると結構地味ですが、駐車とかする時凄い楽そうですねあのシステム。

恒例の落ちを脱しましたが落ちはやっぱりあの人。ちょっと濃過ぎでないかい?
そのせいかちょっと最終作臭がしました。
____________________________________
タクシードライバーのダニエルとマルセイユ警察のエミリアンはすっかり一児の父。それぞれの親馬鹿具合を発揮する二人ではあるが、同時に仕事もちょっとしにくくなっていたり、結婚生活で我慢することがあったりで大変でもあった。
ある日、ヨーロッパ史上最強の犯罪組織のボスがマルセイユ警察に護送されてきたが、マルセイユ警察のざるすぎる警備と間抜け具合が原因でエミリアンはボスを取り逃がしてしまう。

それが原因でエミリアンは警察をクビになるが、たまたまボスを送って行ったタクシーの運転手はダニエルだった。ダニエルのおかげで名誉挽回のチャンスを得るエミリアン。果たして二人のコンビは犯罪組織を追い詰めることはできるのか・・・?
____________________________________

相変わらず出てくる車は有名どころがメインに出てきます。

ダニエルのプジョーですが、wikipediaでTAXiの要項を見るとパワーアップ具合が見れておもしろいですよ。

今回はカウンタックとかが出てただけに、カーバトル要素が全く無くて残念無念。

相変わらずのメンバーが繰り広げるドタバタ逮捕劇、今回はどんな展開をしていくのか・・・。気になる方は是非是非!

それでは今夜はこの辺で。

皆様良い夜を。

拍手[0回]

ターミナル 感想

どうもこんばんは。NINOです。

突然ですが、この時期、東北の方では暖房器具が無いと快適に暮らすのは結構大変なんです。

NINOの家ではストーブ、こたつが冬期のメインウェポンなんですが、コンセント繋ぐだけのこたつと違って、灯油の詰め替えをしないといけないストーブってやたらめんどくさいですよね。

そして、大抵詰め替えをする場所というものはちょっと寒いんですよね。

しかし、詰め替えをしないとそれはそれで寒いし、なんともめんどくさい時期なもんです。

NINOは効率重視な思考の傾向があって、この詰め替え時間に何かしようと思うのですが、以前本を読みながら詰め替えしたら灯油が溢れて大変なことになったことがあります。ものぐさってよくないですね・・・。

さて、本日の映画は「ターミナル」。一時期、レンタルDVDを借りるたびにやたらCMが入ってた作品なので借りてみました。

本作は法律上、アメリカの空港から出る事が出来なくなった男が、空港で暮らすハートフルな作品です。

主人公がアメリカ人では無いため、英語に不自由なこともあり、言語の壁からのコメディ的な部分も。

人付き合いの難しさと、人間の冷たい部分、暖かい部分も感じ取れる作品です。そんでちょっと深くてわからないところも・・・。

信頼とは機会もありますが、自分から得ていくものなんですね。わかっても難しい事なんですが。

さてあらすじ。
____________________________________
グラコージア人のナボルスキーは、アメリカのジョン・F・ケネディ空港に到着し、NYに行こうとするが係官に連行され、アメリカ本土に踏み入れることはかなわないと告げられる。

ナボルスキーが母国を出発した直後、クーデターが起こり、パスポートと入国ビザが役割を果たさなくなったのだ。母国へ帰る事も、NYへ出て行くこともできなくなったナボルスキーは空港での生活を余儀なくされる。

義務に縛られた係官達、冷たい用務員に空腹、それらを耐えしのびながらナボルスキーは自国の戦争の終焉をじっと待つ。それは、たったひとつの大切な約束のためだった。

空港で暮らし、働き、恋をした男の9ヶ月間。
____________________________________

映画だけではなく、シナリオで憎まれ役ってすっごい大切ですよね!

そんでもって憎まれ役が主人公にとって利になる事をやってのけるとマジで感動しちゃいます。憎まれっ子は世にはばかるのです。

何を言っているのやら。

とりあえず言いたい事は、最初と最後で好感度がわかりやすいくらいに出ている作品に弱いってことです。イイハナシダナー(;∀; )

どこか切ない雰囲気もありますが、懸命な主人公を応援したくなる作品ですね。時には引かずに突っ張るのも大切ナノダー!興味がある方は是非是非。

それでは今夜はこの辺で。

皆様良い夜を。

拍手[1回]

どうもこんばんは、NINOです。

先日は胃腸炎でダウンしていたため更新できず申し訳ふがいないですね。

同様に口内炎に悩んでいたのでイソジンうがい薬を購入!

普通に膝とかすりむいた時にはイソジンの消毒って沁みるじゃないですか!?なので口内炎も沁みるんだろうなあ・・・と思って遠慮していたのですが、今回の口内炎は舌に出来た上に放置してたら範囲拡大してきたので購入に思い至りました。

で、早速帰宅してから服用。

し、沁みない・・・!!

すごく地味な感動をしてしまいました。ちなみにうがい薬は700円くらいで売っています、ラーメン一杯ぶんくらいですね。

食事中ってのは凄く大切な時間だと思うんです。

美味しいものも美味しく食べれないくらいならこれくらいの出費ならば全然OKですね。うがいは体に良いですし。

さて、本日の映画は「Mr.ビーン カンヌで大迷惑?!」です。

いきなり逸れますが、?!←この記号ですが、!?とどう違うんですかね。驚きの方を強調する感じなんでしょうか。

はい、どうでもよかったですね。さて、今回はNINOが小学生くらいの頃に大好きだった「Mr.ビーンシリーズ」の
劇場版第二作目がこの作品になります。

ローワン・アトキンソン演じるMr.ビーンは相変わらず、自由すぎるおっさん役で、どうみてもとんでもない奴なのにどこか憎めない雰囲気があるんですよね。前回の劇場版から10年経っているはずなんですが外見がほぼ変わっていないのは凄いです。
ビーンの持ち物は色々と突っ込みどころ満載でクスリときます。

劇場版という事で締め方に迷ったのか、個人的にこの終わり方は・・・微妙・・・です・・・。

ハイスクール・ミュージカルみたいに大団円に綺麗に落ち着く形は凄く好きなんですが、うん。これは無理やりすぎるぜ、と思いました。ただ、コメディ作品ですので、笑いメインで見ればかなり楽しめるはず!

でも展開はMr.ビーンならではといった感じで、一番最後の無理やりささえ凌げば面白い作品だと思います。また、道具を使った伏線がうまく生きていますね。ビーンのめんどくささも象徴してて良かったです。

イギリスでは公開時、ビーンの行動の逸脱具合に保護者同伴の視聴が望ましい作品とされたらしいですよ。
それくらい今回は大規模で自由です。

あらすじです。
____________________________________
教会で開催しているくじ引き。ビーンは見事特賞のフランスのカンヌでの1週間ヴァケーションとビデオカメラを当ててしまう。

早速カメラ片手にイギリスからフランスのリヨン駅に向かうビーン。
しかしリヨン駅でカンヌ駅に乗り次ぐ途中でいつものようにトラブルを引き起こしてしまうビーン。

しかしその一つ一つが確かな彼の旅路だった。

果たして彼は無事にカンヌに到着する事が出来るのか!?
____________________________________

うん。今回は無理やりでしたね。ネタばれ防止意識しすぎました。

ビーンの失敗は思わずあちゃー、と言ってしまうようなものから、信じられないような行動もあるから相変わらず何考えてるかはわかりませんが、彼は頭の中にあるただ一つの行動をなによりも優先して進んでいるんでしょうね。

お馴染みのMr.ビーンのフランスでの大騒動のお話!興味がある方は是非是非。

それでは今夜はこの辺で。

皆様良い夜を。

拍手[0回]

TAXi3 感想

どうもこんばんは、NINOです。

車を運転している時の眠気が眠ろうと思った時に来ればどんなにうれしい事か。そんなことを思います。

あ、そういえば最近気づいたんですが運転中に眠くなった時にバックミラーで自分の顔を見てみると凄まじい間抜け面してますよ!それでも起きれないのだから睡魔って奴は史上最強ですね。

不眠症ってどんな気持ちなのかしら。

はい、それでは今日の映画です。「TAXi3」です。
TAXiシリーズの三作目ですが、相変わらずこのシリーズは面白いです。
先日「TAXY NY」を見ましたがやはりTAXiシリーズはダニエルとエミリアンだな、と思わせてくれる安定感です。
90分という時間も見やすくて良いですよね。

3になってダメ刑事だったエミリアンが有能になってきた代わりに落ち担当は署長になりつつありますね。でもエミリアンはちゃんとゴミ箱と仲良しなのでご安心を。

シリーズ通してですが、カーアクションよりも、自転車、バイクやローラースケートのアクションとダニエルの愛車の変型がやたら印象的で記憶に残ります。

今回のプジョーはなんと雪上走行が可能になっていて、ニトロ搭載です。

「こんなこともあろうかと」って台詞は人生で1度使ってみたい台詞ではありますが、フランスでタクシー業を営んでいるはずのダニエルは一体何を見据えているんでしょうね。2では翼が出ていましたが、あれはショートカット用と考えればまだわかるんですが、雪山を走れるキャタピラに変型するタイヤってなんなんでしょう。かっこよすぎます。

相変わらず人の話を聞かないエミリアンとなんだかんだ言いながらエミリアンを全フォローするダニエル。会話内で親友同士という言葉が出てきましたが、最初の出会いの最悪さを知っているだけにちょっとにやっとしちゃいますね。

ダニエルの恋人、リリーの父親である将軍も忘れてはいけません。どうやら2以降もダニエルとは良好な関係なよう。ヘリに乗ると大変なことになるのがたまりませんね。

また、なぜかシルヴェスター・スタローンがカメオ出演してます。

TAXiシリーズはエミリアンとゴミ箱や署長の駄目演説などお約束事の期待を裏切らないのもいいところですよね。

はい、それではあらすじです。
____________________________________
フランスにサンタの姿をした強盗が出現し、逮捕できないまま8か月。12月になった。
刑事であるエミリアンはわざわざサンタの格好をして強盗をするのだから12月には何かあるに違いないと神経質になっていて、ヘマを犯してしまう。が、そこで恋人であるペトラに告げられた事実に困惑をしながらも喜びを隠せない出来事が起きる。

また、凄腕タクシードライバーであるダニエルは愛車にかまけすぎて恋人のリリーが出て行ってしまう。リリーが出て行ったあとにあるものを見つけてダニエルはとんでもない事実を知る。

父親になるかもしれない。

久々に話す機会を得た二人はお互いに良い父親になろうと約束したとき、たまたまサンタの格好をした挙動不審な人影を見つけてしまう。当然長年追い続けていた相手なのでエミリアンはダニエルに尾行を頼み、強盗団のアジトを見つけるが・・・
____________________________________

今回は中国人がメイン登場人物として登場します。2のときの忍者やヤクザネタと言い、フランス人はアジア文化が好きなのでしょうかね。

フランス最速の新幹線TGV(時速300km)を軽々と抜いてからのダニエルのしゃあしゃあとした台詞が最高ですね。

シリーズを続けるにつれて高速になっていくプジョー406、今回の進化を見たい方は是非是非!

それでは今夜はこの辺で。

皆様良い夜を。


拍手[1回]

カレンダー

04 2018/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

 

最新コメント

 

プロフィール

HN:
NINO
性別:
非公開

 

バーコード

 

ブログ内検索

 

P R