忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ブレイブハート 感想

こんばんは。NINOです。

最近急に冷え込んできましたね。

夜は足が冷えるので最近では踝ソックス安定です。

11月2日、「ブレイブハート」という映画の感想を書かせていただきます。

今回は初BDでの視聴です。視聴環境を貸していただいた友人Oには感謝感謝。

この映画の監督はメル・ギブソンという方で、なんと主演でもあります。
目の色がやたら印象に残った気がしますね。この作品でアカデミー監督賞に輝いています。

1995年の映画ですが、凄く背景などが綺麗で印象に残りましたが、これはBD効果なのでしょうか。少し気になります。しかし、映画の撮り方として静かなシーンは長く感じるようにねっとりと撮った印象があります。合戦シーンなどは逆にスピード感と臨場感が溢れていたので観ていて時間の感覚がよくわからなくなりました。

13世紀のスコットランドを舞台にした話なのですが制作秘話として、実はアイルランドが撮影場所だったそうです。また、ある画面で白色のバンが走っているのがうつりこんでいてしまったりするそうです。NINOはこの場面、見た事は覚えてるんですが全然気づきませんでした(汗

この映画はフィクションですが、主人公であるウィリアム・ウォレスという人物は実在しています。

ウィリアム・ウォレス(Wikipedia)
(外部リンク)

気になる方は見てみてはいかがでしょうか。戦記系のものは、こういう、見終わった後にモデルを調べる作業が地味に楽しかったりしますね。

それではあらすじです。
____________________________________
13世紀、スコットランドは英国の侵略を受けていた。
ある日、幼いウィリアムは英国の手により家族を殺害される。叔父に連れられ村を離れることになるが、家族の葬式の際に同じ村の女の子、ミュー論から花をもらう。時は経ち、成人してからウォレスはまた村に戻ってくる。

エドワードはスコットランドを支配するために、領主に結婚者の初夜権を与えるという政策をとっていた。ウォレスはそれを避けるためにミューロンと秘密の結婚をするが、英国兵にそれを気取られ、ミューロンは領主に殺害されてしまう。復讐のために領主に一人立ち向かい、村人たちの協力もあり勝利する。しかしその勝利を皮きりに、スコットランドの自由をかけた、ウォレスの戦いは始まるのだった。
____________________________________

こんな感じでいかがでしょうか。

正直な話を言いますと。この映画、結構見る人を選ぶと思います。
シリアスなシーンの撮り方が丁寧で綺麗であったり、合戦シーンの迫力はものすごいんですが、序盤の情報量が少なすぎるので状況把握に手間どうことが多そうです。

過激なシーンが結構多めなのもそれを手伝うかもしれません。
また、何の説明もなく、普通に訓練をしているはずの英国軍の兵士(鎧など装備は完璧)とスコットランド軍の兵士(布切れや衣服と少しばかりの装備しかない・民兵)の戦闘シーンで、元は村人のはずなのに普通に英国兵士と渡り合ってたり、何の説明もなくウォレスに親しい連中が戦闘が凄かったりと、リアリティを追求してるのにリアリティじゃなかったりもします。貧富の差をはっきり見せる演出なのでしょうが、戦略シーンはともかく、戦闘シーンが違和感バリバリに感じました。

見終わった後の後味は絶妙。個人差がものすごいのではないでしょうか。
しかし、主人公が敵愾心を見せるにはこれくらいわかりやすい演出のほうがいいのではないかとも思いました。

グロい描写がそこそこあるために苦手な人は避けたほうが良いかもしれませんが、むなしくてなんとも言えない気分になりたい方は是非是非。

それでは今夜はこの辺で。

皆様、良い夜を。

拍手[0回]

PR
Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictgram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

 
トラックバックURL
 
スコットランドの歴史が学べるお奨めの映画がありましたら教えてください。...
 

カレンダー

10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

 

最新コメント

 

プロフィール

HN:
NINO
性別:
非公開

 

バーコード

 

ブログ内検索

 

P R