忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

薔薇のマリア 感想

どうもこんばんは。NINOです。

こちらの感想日記ですが、ずいぶんと遅くなってしまいましたね。

庄内に行っている間、移動時間等に読んだ本、「薔薇のマリア」の感想です。実際に読んだのは15巻なのですが、全体的な感想をば。

今や角川スニーカー文庫のファンタジー小説の看板的ポジションにある作品でもありますね。作者は十文字青。

この作品はいつかの名作ゲーム、「ウィザードリィ」をモデルにしたようなコメントを残していたりもし、実際戦闘描写はそれに準拠しているのが凄くわかります。

心理描写や、発音表現が独特かつ、特徴的な書き方のライトノベルで、世界観、設定がものすごく凝っている作品です。また、同じく角川スニーカー文庫の有名作品「ラグナロク」のように若干残酷な描写が多いです。

サンランド無統治王国。
君臨すれども統治はせず、といった方針の魔導王、キング・グッダーが統治する国。
“侵入者(クラッカー)”と呼ばれる、アンダーグラウンドと呼ばれる異種族の居住区に潜り込み、そこに住む異種族を殺し、その装飾品などを入手し、売りさばき生きる人間。
美貌のクラッカーであるマリアローズは、クランに入る事もなく、孤高のクラッカーとしてその日暮らしの生活を行っていたが、ある日、トマトクンという大男が統領を務める、ZOOというクランに誘われる。
生まれてからの過酷な日々を過ごしてきたマリアは人を信じれなくなっていた。
クランの人々とのふれあいや冒険によって成長していくマリアローズの物語。

物語が進むにつれて成長していくマリアと、その心情がわかる人にはすごくわかる作品です。
10代で読んだ人によってはバイブルになっている作品かもしれませんね!
若干表現にBL?っぽいところがございますが、そこはまぁ置いておこう!
ハマる人はかなりはまる作品です。3巻あたりからおもしろくなってきますよ!

それでは今夜はこの辺で。

皆様良い夜を。

拍手[0回]

PR
Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictgram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

 
トラックバックURL
 

カレンダー

06 2018/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

 

最新コメント

 

プロフィール

HN:
NINO
性別:
非公開

 

バーコード

 

ブログ内検索

 

P R